さいたまスーパーアリーナの遊びのコーナー

しんごパパです。

さいたまスーパーアリーナが、 東北地方太平洋沖地震に伴う避難者の 一時避難場所として提供されることにまりました。

子どもたちへ「あそび」を届けられたらと思い。昨日、購入した独楽とペットボトルの水を数本持ち。富士見市から自転車で、さいたまスーパーアリーナに出発しました。もし、迷惑がかかるようだったら、そのまま帰るつもりです。

 

1時間ほどかけて、 さいたまスーパーアリーナに到着。外で遊んでいる子どもはいるかなと、 歩いていたら、「遊びコーナー」がありました。

 

ボランティアスタッフの大人たちが、 子どもたちと一緒に遊んでいます。

 

しんごパパも受付で、 ボランティアスタッフに登録しました。

 

持って行った独楽で、 子どもたちに独楽の回し方を教えたり、 一緒に遊んできました。

 

子どもたちは、夢中になって遊んでいました。

胸の内は分かりませが、
遊んでいる時の子どもたちは笑顔でした。

 

この日のさいたまスーパーアリーナは、 「ボランティア」と「救援物資」は、十分足りていたようです。ボランティアの受付などについては、 埼玉県社会福祉協議会のホームページでご確認下さい。

 

埼玉県社会福祉協議会
http://www.fukushi-saitama.or.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました