どんぐり屋さんごっこ 遊びのしかけと振り返り

しんごパパです。

2013年11月24日(日)の城山プレーパークにスタッフとして参加した時に、遊びの仕掛けとして「どんぐり屋さん」を開店してみました。

遊びのしかけ

ドングリアート

季節は秋。

城山公園にはドングリがたくさん落ちています。

どんぐりを材料に、コマや人形を作れる道具一式を持って行き、プレーパーク参加者と一緒にコマや人形を作ってみます。

ドングリを使ったオモチャ

「どんぐりコマ教室」を開いて、作り方を教えるだと、教えられる方はつまらないので「どんぐり屋さん」のカンバンを出してお店屋さんにしてみました。

ごっこ遊びに発展したら面白いかなと思いました。

ドングリ人形作り

「城山の森に住むどんぐり屋さんがやって来て、どんぐりのおもちゃを作ったり売ったりする。」という設定。

ファンタジーの住人です。

振り返り

ドングリでつくったカンバン

遊びに来た人達と一緒に、どんぐり人形、どんぐりコマ、ブローチを作ってみた。

なかなか好評で家族連れの親子単位で参加してくれた。

小さい子どもの為、お父さんもコマや人形作りをしていた。

ドングリ人形画像

あらかじめ作っておいたどんぐり屋の看板が好評でした。

クリスマス用に植木鉢に刺す棒の付いた人形が良く売れました。

サンタ人形はお母さん方に好評。自分でを作っているお母さんも多かったです。

ドングリコマ作り

ブローチを作っていた女の子は、妹の分も作るんだと一所懸命でした。

ドングリコマ画像

子供達に「私は城山の森に住むどんぐり屋で、こうやってたまに街に出ては、どんぐりを売っているんだ。」と言ったらポカーンとしてた・・・。

店じまいを始めたら、オモチャが急に売れ出した。

閉店セール効果?思わぬところで商売のノウハウを知りました。

冒険遊び場朝霞市

どんぐりオモチャは、お金ではなく物々交換のみでの販売。

どんぐりオモチャの売り上げは、みかん、おせんべい、インスタントコーヒー、キットカット、ガム、グミ、マシュマロ、泡アメ、ペロペロキャンディ、焼いた芋。

食べ物は、どんぐり屋を手伝ってくれた子ども達と山分けしました。

どんぐり独楽作り方

子どもだけの、どんぐり屋ごっこにまで発展すれば、と思いましたが、そこまで遊びが発展しませんでした。

どんぐり屋の道具とプレーパークの道具が混ざってしまいました。

子ども達が持って行ってしまい紛失の可能性あり。

どんぐりでつくった人形

人形の色塗り用に水性顔料のペンを持っていきましたが、子ども達の使い方が荒いので、ペン先がつぶれてしまいました。

使い切りになる事が分かった。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました